ノリックさん

蔵造りの町「川越」にようこそ
ご案内はわたくしノリックが…
では ご一緒に。

川越の祭りと蔵とグルメと散歩
川越のまつり
川越 小江戸川越 春まつり
川越:百万灯夏まつり
川越:川越まつり
川越 その他の川越の祭り
蔵造りの町並み
川越の名所旧跡
川越の街角散歩
グルメ食べ歩き
川越の歳時記
川越の宿泊
top > 川越の祭り > 小江戸川越春まつり

新河岸川桜まつり

戻る 喜多院の桜まつり 多宝塔 進む
戻る 喜多院の桜 〉多宝塔と桜山門と桜慈恵堂と桜

喜多院の桜 喜多院 慈恵堂

桜の開花に合わせ、気の早い花見客で賑わう喜多院(きたいん)の境内(けいだい)には、沢山の露店が隙間なくたち並びます。

川越 喜多院 桜
喜多院の桜

川越 喜多院 地図
江戸城より移築された建築物を覆うように、ソメイヨシノは次々と蕾みをほころばせ、喜多院の山全体がピンク色に染まり、その華やかなさまに徳川家の栄華が偲ばれます。

川越 喜多院境内 地図
[ 喜多院 多宝塔と桜 ]
総高13m、寛永16年(1639)完成の多宝塔(たほうとう)。明治、昭和の二度にわたる移築を経て、現在地、慈恵堂(じえどう)に向かい右手に位置するようにおさまりました。
毎年桜のころ、境内に設営されるステージや吊り飾りに、花見客の熱気はいやが上にも昂まります。

川越 喜多院 多宝塔
喜多院 多宝塔 桜の頃の風景

[ 喜多院 山門と桜 ]
国の重要文化財指定の山門(さんもん)は、寛永15年(1638)の川越大火(かわごえたいか)を奇跡的にまぬがれました。喜多院で最古の建造物として、境内を永く見守り続けてきたのでしょう、重厚で堂々とした門構えからも伺えます。

川越 喜多院 山門
喜多院 桜の頃の山門

山門から覗く満開のソメイヨシノに、訪れる誰もが圧倒されてしまうのです。

[ 喜多院 慈恵堂と桜 ]
慈恵堂は大師堂(だいしどう)とも呼ばれ、喜多院の本堂(ほんどう)として市民より長く親しまれてきました。

川越 喜多院 慈恵堂 桜の頃の風景
喜多院 慈恵堂 桜の頃の風景

3月下旬〜4月上旬にかけて、喜多院の境内ではソメイヨシノが見頃を迎え、境内の中央付近より、満開の桜越しに映る慈恵堂は、多くの花見客の目を楽しませてくれます。


秋の歳時記
■ 名称
星野山 無量寿寺 喜多院
(せいやさん むりょうじゅじ きたいん)
■ 別称
川越大師(かわごえだいし)
■ 指定
国 重要文化財/
客殿 書院 庫裏 山門 鐘楼門 他
県 有形文化財/
慈恵堂(じえどう)慈眼堂(じげんどう)
■ ご利益
厄除 合格祈願 健康祈願 商売繁盛 他
■ 年中行事
1月1日 お正月初護摩(はつごま)
1月3日 初大師(はつだいし)だるま市
2月3日 節分会ご縁日
3月中旬〜 桜まつり
4月27日前後〜5月6日前後 宝物特別展
8月16日 お盆せがき会
10月〜11月 七五三祝祷祈願(しゅくとうきがん)
■ 駐車場
有料駐車場
■ 所在地
埼玉県川越市小仙波町 1-20-1/地図
■ 公式サイト
http://www.kawagoe.com/kitain/



サイト企画運営・オフィス ノリック
川越の観光と情報「祭りと蔵とグルメと散歩」は 街角の風景や 川越の祭りを皆さまにご紹介する個人サイトです。
当サイトに掲載された写真の一部には、イメージ的な理由により合成・画像加工等が施されたものも存在いたします。
肖像権や、プライバシーを保護するために、画像の一部に加工が施されたものも存在いたします。
当サイトへのお問い合わせは下記リンクよりメールをご利用いただけます。

|ご利用規約|個人情報の取り扱いについて|オフィシャルブログ「かなりピンボケ川越編」|お問い合わせ

当サイトに掲載されているすべての文章、画像などの無断転載、転用を禁止させていただきます。
すべての文章、画像などは日本の著作権法および国際条約によって保護をうけています。
Copyright Office Norik All right Reserved.
川越の祭りと蔵とグルメと散歩
川越の祭り
川越の蔵造りの町並み
川越の名所旧跡
川越の街角散歩
川越のグルメ食べ歩き
川越の歳時記
川越のご宿泊
影